11_2018-03-30-11-19-52.jpg
 自分自身が恨みがましい気持ちになっている時、あるいはパートナーが口をきいてくれない時、そんな時にこのヒーリング・レター・テクニックを実践すれば、気分がすっきりする。気分がよ<なれば、+ヤンスがくるのをじ。と待って、二人とも満足がいく方法で、相手に気持ちや欲求を話すことができる。

 女性は基本的に、パートナーが精神的・物理的の両面でサボートしてくれた時に愛を実感する。一回当たりのサポートの量は問題ではなくて、日頃からまめにサポートしてくれると女性は喜ぶ。
2018/04/02(月) 10:44 PERMALINK COM(0)
つきあい始めた頃にジュデーがレストランに連れていってもらうといつも喜んだのは、どこの店も彼女にとっては新鮮だったからだ。彼の行きつけの店に連れていってもらうことは、楽しみであり、わくわくすることだ。しかし、交際が長くなるにつれて、いつもいつも同じ店に連れていかれるようになったので、彼女は変化を求めるようになった。

女性が以前とは態度を変えて、彼の選んだ行き先に文句を言うようになると、男は自分の選択にケチがつけられていると勘違いして、そのうちに自分からは提案をしなくなる。
11_2018-03-02-11-25-21.jpg
2018/03/02(金) 11:19 PERMALINK COM(0)
 韓国社会の他宗教に不寛容な態度に関して、ハンギョレ21は8月3日付の記事で「これでは真のグローバル国家にはなれない」と厳しく指摘する。

「韓国社会は輸出文化をお金を稼いでくる商品としか見ておらず、(本来の)世界の人々とコミュニケーションするツールであるという認識が不足している。他の文化を無視することは差別につながるのだと自覚しなければならない」

 外国人差別をめぐっては、韓国で人種差別禁止法制定の動きが活発化している。もとは2002年に当時の盧武鉉(ノムヒョン)政権時に掲げられた公約だったが、保守系団体の反発に遭い、幾度となく撤回に追い込まれてきた。しかし、度重なる外国人差別事件を受け、カトリックや円仏教などで構成される移住人権協議会は、今月13日の記者会見で「人種差別行為に対する明確な基準と処罰根拠を定めなければならない」と述べ、差別禁止法の必要性を強調した。

 日本同様、単一文化主義が根強い韓国。国際的に自国第一主義の風潮が強まる中、グローバリズムと真剣に向き合おうとしている。
2018/01/30(火) 11:09 PERMALINK COM(0)
私はなにも男性が忘れっぼいのは女性のせいだ、と言いたいのではない。女性しだいで、男は忘れもするし、忘れないこともある。つまり女性の影響が大きいと言いたいのだ。自分の影響力の大きさがわかれば、女性も忘れっぽい男が忘れないように、手助けする方法を学べるだろう。

女性は男に頼み事を忘れられると傷つく。頼み事を軽く扱われると、自分自身が軽んじられているような気がするからだ。男がしてくれなかったことをもう一度頼み直すのは、女性にとって屈辱的だ。
11_2017-12-28-17-08-45.jpg
2017/12/30(土) 10:56 PERMALINK COM(0)
11_2017-11-30-12-28-49.jpg
帰りが遅くなったら必ず電話を人れてねって言ってるのに、いつも忘れるし。次から次へと用事を忘れる男性にがっかりさせられているうちに、女性は彼の愛そのものも信用できなくなってしまう。

特に、男は結婚すると多かれ少なかれ、仕事、すなわち彼女を扶養することに精力を傾けるようになる彼が仕事に没頭して二人の関係を省みなくなると、女性はないがしろにされている、無視されている、愛されていない、という思いを抱くようになる。
2017/11/30(木) 12:09 PERMALINK COM(0)
 その他のモデルたちは事務所を介している。しかしキャスティングディレクターのLeila Hassiba Aziziは、ギャラは一律なのだと明かす。いくつものブランドのためにキャスティングをしているAzizi。最近ではほとんどの「ストリート・キャスティング」をインスタグラムで行っている。そこで見かけた、まだジュネーブ(Geneva)で一度しかランウェイを歩いたことのないLjazを気に入り、メッセージを送ったのだ。「インスタグラムは素晴らしいツール。実際に街に出て探す時間のないようなものを見せてくれる。それに、その人の本質を知ることができる。それぞれのテイストが表現されているので、個性が見える」とAziz。

 彼女は少女たちの3サイズを聞くことはない。「モデル事務所が求めている美しさ」とは違うもの、もっと「現実的」なものを求めているからだ。Aziziは目に留まる人には、一緒に働くことに興味があるので、パリに来る予定はないのかと問うメッセージを送る。

 そしてファッションウィークが近づくにつれ、大量のメールが届くようになる。例えば23歳のベルギー人スタイリスト、Maud Van Dievoet。ロンドンに住む笑顔の短髪な彼女は、既にロンドンでランウェイに登場したことがある。「大好きな服を世に発表する役に選ばれ、ショーでランウェイを歩くのは興奮する。アドレナリンがすごいの」と語った。
2017/11/20(月) 11:07 PERMALINK COM(0)